HOME » 基本を知ろう!電子記録債権とは

基本を知ろう!電子記録債権とは

ここでは電子記録債権とは何なのか。その仕組みや種類、利用条件などについて解説しています。

手形・指名債権の問題点を解消した新たな金銭債権

電子記録債権とは、手形や指名債権(売掛債権等)に代わって、電子的な記録により権利を発生させたり、譲渡させることができるペーパーレスの金銭債権のことです。

単に手形などを電子化しただけではなく、従来からあった問題点を解消している点が注目されています。

電子化することにより手形の交付・保管コストを軽減したり、紛失・盗難の危険性が無くなるといったことに加え、これまでできなかった手形の分割割引や譲渡が可能なのが最大の特徴と言えるでしょう。

また債務者が支払いを完了するとデータは抹消されるため、二重譲渡のリスクが無くなり、安全性を確保できるのもメリットです。

現在、電子記録債権はメガバンクが主導する電ペイ、電手、支払手形削減サービスと、全国銀行協会が運営主体となっているでんさいの4種類があります。

メガバンク主導のものは、大企業の囲い込みが主な目的で、それぞれの金融機関で互換性はありません。そのため、流通性や使い勝手を考えると国策でスタートしたでんさいの方が、今後の利用拡大が期待できます

中小企業を含めた事業者の資金調達の円滑化という、電子記録債権の本来の目的を果たすためには、銀行、信用金庫、信用組合等の幅広い金融機関が参加するでんさいの仕組みが合っているからです。

また、でんさいは法人、個人事業主、国・地方公共団体を利用対象にしており、金融機関に決済口座を開設して一定の審査を通過すれば利用が可能なので、利用者は年々増え続ける一方です。

電子記録債権は、便利なツールです。今はまだ普及の途中ですが、今後急速に広がっていることが見込めます。時代に乗り遅れないよう、今のうちから知識を得ておくことに越したことはありません。

なお、でんさいとその他の電子記録債権との比較仕組み利用条件については、さらに詳しく解説していますので、申込みを検討している方は是非参考にしてください。

ページトップ