電子記録債権がよくわかるサイト » 基本を知ろう!電子記録債権とは » 電子記録債権の種類について » でんさい

でんさい

ここではでんさいとはどのような電子記録債権なのか、その仕組みや基礎情報について解説しています。

全銀行参加型の電子記録債権、でんさい

でんさいとは全国銀行協会が設立した、株式会社全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)で取扱われる電子記録債権のことを言います。

電子記録債権には、メガバンクが単独で提供するサービスもありますが、でんさいは銀行、信用金庫、信用組合等の金融機関が参加する全銀行参加型であることが、最大の特徴となっています。

従来の手形と同じような利用が可能なことに加え、これまで使っていた金融機関を通じてでんさいネットにアクセスできるので、既存の銀行間の決済システムがそのまま使えることがポイント。

支払企業にとっては、手形の発行や搬送など、支払いかかる事務負担が軽減され、印紙税もかからないというメリットがあります。さらに手形・振込などの一本化により、事務効率化にもつなげることも可能です。

また、受取企業にとっても、ペーパーレス化による紛失や盗難のリスクが無くなり、保管・管理コストが軽減。必要な分だけ分割して譲渡分割割引をすることができるので、資金繰りが楽になるというメリットもあります。

でんさいは今後さらに利用拡大が見込まれる

でんさい制度は、もともと中小企業が支払を電子化することで、資金調達の円滑化や生産性を向上させることを目的とした、国のIT戦略の一環として創設されました。

そのため、手形などに比べると、手続きが簡略化されており、利用しやすいシステムになっています。

もちろん、インターネット環境を整えたり、新たな勘定科目をたてて、会計処理を変更する手間もありますが、コスト削減効果の方が大きく、今後ますます利用は拡大すると考えられます。

実際に利用者数も順調に増えており、利用者登録数は、平成26年11月時点で45万社に迫る勢いになっています。

将来的には民間企業だけでなく、国・地方公共団体の利用も予定されています。ネットバンキングはすでにかなり普及していますが、今後、法人の決済には、でんさいを利用するのが当たり前の時代が来るかもしれません。

他の電子記録債権についても見てみる

 

資金化なら!評判の高いでんさい割引業者リスト

  • 日証

    でんさい割引業者・日証の公式ページキャプチャ

    割引率:3.0%~13.5%
    拠点:東京・大阪・名古屋
    特徴:主要都市に展開する、実績豊富な手形割引業者

  • 栄光商事

    栄光商事(でんさい割引業者)の公式ページキャプチャャ

    割引率:4.0%~15.0%
    拠点:神奈川
    特徴:昭和49年創業の、対応力に定評のある手形割引業者

  • 東信商事

    でんさい割引業者・東信商事の公式ページキャプチャ

    割引率:6.0%~15.0%
    拠点:東京
    特徴:銀行から転身した、信頼性の高い手形割引業者

急ぎの現金化なら! 頼れるでんさい 割引業者3選

ページトップ