HOME » でんさい(電子手形)を資金化するときに知っておきたいこと » ファクタリングとの違い

ファクタリングとの違い

ここではでんさいとファクタリングを比較して両者の共通点と違いについて解説しています。

でんさいとファクタリングの共通点

ファクタリングとは、企業の持つ売掛債権(売上債権)をファクタリング会社へ手数料を支払って売却し、債権の回収業務をファクタリング会社が行うことを言います。

支払先が決済期限に支払不可になった場合に、依頼企業が負担する(償還請求権のある)ファクタリングとファクタリング会社が負担する(償還請求権のない)ファクタリングの2つに分類することができます。

ファクタリング会社は、信用調査が煩雑になったり、信用調査能力に限界があることから、償還請求権のあるファクタリングが採用されるケースが多くなっています。

一方、でんさい(電子記録債権)は、売掛債権を電子的に記録して管理する仕組みで、債権の譲渡(割引)による現金化の手段という点では、ファクタリングと共通しています。両者の共通点をまとめると以下のようになります。

  • 支払期日に支払企業の銀行口座から引き落とされて決済
  • 受取企業(納入企業)の売掛債権を譲渡することが可能
  • 債権譲渡により、支払期日前でも資金化して受け取ることが可能

このように、ファクタリングとでんさいでできることに関しては、類似点もありますが、仕組みに関しては相違点があります。共通点をよく理解した上で、違いを比較すると理解しやすくなります。

ここが違う!でんさいとファクタリング

でんさいとファクタリングを比較すると、どちらも同じに見えてしまうかもしれませんが、利便性という点においては大きな違いがあります。

でんさいは、全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)記録機関となって運営されており、数多くの金融機関が参加しています。

したがって、相手先が取引金融機関にでんさいの利用申込みがしてあれば、すぐに開始することができ、取引先が増えてたとしても、新たに契約を結び直す必要はありません

ファクタリングの場合は、個別にファクタリング業者を通じての取引となるため、ファクタリング対象の取引先が増える度に契約が必要になります

契約の際、債権譲渡にあたっては、相手先企業の譲渡承諾を得なければなりません。こうした手続は債権譲渡特例法により改善されてはいますが、まだまだ煩雑なのが現状です。つまり、ファクタリングは一時的な資金対策としての利用にはあまり向いていません。

その他のでんさいとファクタリングの相違点としては保証の有無があります。でんさいは譲渡する企業は保証人となるため、支払企業が支払いできなかった場合は受取企業が支払い義務を負うことになります。

ファクタリングの場合は償還請求権のないファクタリングがあります。この場合、支払先が支払不能に陥った時にはファクタリング会社がリスクを負うことになります。

しかし、先に説明した通りファクタリング会社の信用調査能力の限界により償還請求権のないファクタリングはあまり採用されていません。

仮に償還請求権のないファクタリングで契約すると、リスク分が上乗せされるため、譲渡するための手数料はでんさいよりも高くなります。

資金化なら!評判の高いでんさい割引業者リスト

  • 日証

    でんさい割引業者・日証の公式ページキャプチャ

    割引率:3.0%~13.5%
    拠点:東京・大阪・名古屋
    特徴:主要都市に展開する、実績豊富な手形割引業者

  • 栄光商事

    栄光商事(でんさい割引業者)の公式ページキャプチャャ

    割引率:4.0%~15.0%
    拠点:神奈川
    特徴:昭和49年創業の、対応力に定評のある手形割引業者

  • 東信商事

    でんさい割引業者・東信商事の公式ページキャプチャ

    割引率:6.0%~15.0%
    拠点:東京
    特徴:銀行から転身した、信頼性の高い手形割引業者

ページトップ