HOME » もっとも便利な電子債権・でんさいのまとめ

もっとも便利な電子債権・でんさいのまとめ

ここでは、でんさいを利用するにあたり、事前に知っておきたい基礎知識についてまとめています。

利便性が高く、導入メリットが多いでんさい

でんさいは、電子記録債権の代名詞になるほど普及が進んでいますが、導入後はどんな効果が期待できて、使い勝手はどうなのか気になる方もいるでしょう。

そこで、疑問に感じることが多いと思われる項目について簡単に解説していくことにします。

でんさいって?

でんさいは、企業の資金調達の円滑化や生産性を向上させることを目的として国のIT戦略の一環として創設されました。

手形や売掛債権をそのまま電子化しただけではなく、これまでの問題点を解消した金銭債権となっているのが特徴です。

メリット・デメリット

具体的なメリットとしては、紙の手形で課題となっていた事務負担が軽減できたり、搬送費や印紙税などのコストの削減、紛失や盗難リスク回避などが挙げられます。

デメリットは少ないですが、会計処理が変更になったり、自社だけでなく取引先に対してもでんさいへの申込みを協力してもらう必要があるのは、デメリットとして挙がります。

しかし、会計処理が変更になるといっても、処理が複雑になるわけではなく、これまで使用していた支払手形/受取手形という勘定科目が、でんさい利用では電子記録債務/電子記録債権となるだけ。

また、全国銀行協会が中心となって運営しているため、参加企業は都市銀行から地方銀行、信用金庫など600行以上あり、銀行と取引がある企業であれば、すぐに利用をスタートできるのも特徴の一つです。

利用料金に関しては、完全従量制なので契約料や月額利用料といったものはなく、利用分の手数料を支払うだけで済みます。

でんさいの今後

実際にでんさいを導入した企業の声を集めてみると、事務負担が減り、コスト削減につながったというところが多く、当初の目的は達成できていると考えてよいでしょう。

すでに利用企業は40万社を超えていますが、現在の普及率と利便性の高さを考えると、今後は中小企業の利用がさらに拡大していくと予想されます。

なお、でんさいのメリット・デメリットや導入効果についてはさらに詳しく解説していますので、もっと理解を深めたいという方は、是非参考にしていただければ幸いです。

資金化なら!評判の高いでんさい割引業者リスト

  • 日証

    でんさい割引業者・日証の公式ページキャプチャ

    割引率:3.0%~13.5%
    拠点:東京・大阪・名古屋
    特徴:主要都市に展開する、実績豊富な手形割引業者

  • 栄光商事

    栄光商事(でんさい割引業者)の公式ページキャプチャャ

    割引率:4.0%~15.0%
    拠点:神奈川
    特徴:昭和49年創業の、対応力に定評のある手形割引業者

  • 東信商事

    でんさい割引業者・東信商事の公式ページキャプチャ

    割引率:6.0%~15.0%
    拠点:東京
    特徴:銀行から転身した、信頼性の高い手形割引業者

急ぎの現金化なら! 頼れるでんさい 割引業者3選

ページトップ