HOME » もっとも便利な電子債権・でんさいのまとめ » 押さえておきたい用語集

押さえておきたい用語集

ここではでんさいを利用する際に知っておくと役に立つ用語を集めて解説しています。

でんさい関連用語集

  • 電子記録債権
    2008年施行の電子記録債権法に基づいて、手形・指名債権の問題点を克服し、事業者の資金調達の円滑化を目的として創設された新しい金銭債権です。電子債権記録機関の記録原簿への電子記録を発生・譲渡等の要件としています。電子記録債権には、でんさいの他にメガバンクが取扱う電ペイ電手支払手形削減サービスがあります。
  • 電子債権
    正式名である電子記録債権を略したものなので、意味や内容については全く同じです。電子記録債権=電子債権ですが、でんさいは電子記録債権の一つであり、イコールではないことを認識しておく必要があります。
  • 電子手形
    電子記録債権と同じ意味で使用されています。さらに略して電手と呼ぶことがありますが、電手は三菱東京UFJ銀行が運営主体となっている電子記録債権の決済サービスのことを指すので、混乱しないように注意が必要です。
  • 電子債権記録機関
    電子記録債権を記録・管理する機関のことで、登記所のような存在になります。でんさいの場合は、全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)が電子債権記録機関となりますが、その他に3つのメガバンクが、それぞれ自社の電子記録債権を管理するための会社(日本電子債権(JEMCO)、SMBC電子債権記録、みずほ電子債権記録)があります。
  • 電子記録債権法
    紙の手形に代わる決済手段として電子記録債権の発生・譲渡等について定め、記録業務を行う電子債権記録機関について規定している法律です。2008年6月20日に第166回通常国会において可決・成立し、同月27日に公布されました。
  • 発生記録
    一般の手形取引でいうところの手形の発行(振り出し)に該当します。でんさいでは振り出すことを発生と言い、それを記録原簿に記録することを発生記録と呼んでいます。債務者および、債権者の双方が記録を請求することが法的要件となっています。
  • 譲渡記録
    紙の手形の裏書譲渡と同様に、でんさいも第三者に譲渡することができますが、この「譲渡」を記録原簿に記録することを譲渡記録と言います。原則、保証記録が付随し、債務者(支払人)が支払不能になった場合は、中間支払人にさかのぼって請求することが可能です。
  • 分割記録
    紙の手形と違って必要な分だけ分割して譲渡できることが、でんさいも含めた電子記録債権の特徴ですが、これを記録原簿に記録することを分割記録と言います。何回でも分割することができますが、分割したら必ず譲渡しなければならない決まりになっています。
  • でんさい割引
    手形の割引と同様にでんさいも金融機関に譲渡することで割引を行うことができます。取扱可否や審査基準等は金融機関によって異なるため、事前に割引率の目安などを把握しておくことが重要です。
    急ぎで割引をしなくてはいけない場合、でんさい割引業者を使うと、スピーディーな決済ができます。

資金化なら!評判の高いでんさい割引業者リスト

  • 日証

    でんさい割引業者・日証の公式ページキャプチャ

    割引率:3.0%~13.5%
    拠点:東京・大阪・名古屋
    特徴:主要都市に展開する、実績豊富な手形割引業者

  • 栄光商事

    栄光商事(でんさい割引業者)の公式ページキャプチャャ

    割引率:4.0%~15.0%
    拠点:神奈川
    特徴:昭和49年創業の、対応力に定評のある手形割引業者

  • 東信商事

    でんさい割引業者・東信商事の公式ページキャプチャ

    割引率:6.0%~15.0%
    拠点:東京
    特徴:銀行から転身した、信頼性の高い手形割引業者

急ぎの現金化なら! 頼れるでんさい 割引業者3選

ページトップ