HOME » もっとも便利な電子債権・でんさいのまとめ » メリット・デメリット

メリット・デメリット

ここでは、でんさいを導入することで考えられるメリットとデメリットについて解説しています。

でんさい導入によるメリット

でんさいを導入すると、支払企業側(債務者)と納入企業側(債権者)両方にメリットがあります。それぞれのメリットについてまとめてみました。

支払企業のメリット

  • 事務負担が軽減
    でんさいはペーパーレスの電子記録債権ですので、押印などが必要なく、手形の発行作業や振替の準備などが簡略化でき、支払処理に時間がかかりません。支払記録もデータとして残るので確認や集計も楽になります。
  • コストを削減
    インターネットで手続きや決済を行なうので、搬送コストを抑えることができます。また、手形の場合は振り出し金額によって印紙税が必要ですが、でんさいは電子記録債権なので、課税対象外となります。
  • 支払手段を一本化
    通常は、手形や振込、一括決済など複数の支払手段がある、と非効率になってしまいますが、でんさいの場合は、これらを一本化することができるので効率化につながります。

納入企業のメリット

  • 紛失や盗難リスクを回避
    手形の場合は、紛失や盗難の危険性がありますが、でんさいは、実際の持ち運びがないため、そうしたリスクを避けることができます。また、保管・管理の必要が無くなるので、管理コストを削減することができます。
  • 分割・譲渡が容易になる
    手形の場合は、部分的な分割や譲渡ができないため、売掛を自社の買掛に充当したい時には、振出人(債務者)に分割してもらう必要がありますが、でんさいは受け取った電子債権から必要な分だけ分割して譲渡分割割引をすることが可能です。
  • 取立手続が不要
    でんさいでは支払期日になると、窓口になっている金融機関の口座に自動入金されます。なので手形のように金融機関に持参して申込をするといった、取立手続きをする必要がなくなります。また、支払期日当日に資金化することができます。

でんさい導入によるデメリットやリスク

でんさいは、これまでの手形や指名債権の問題点を解消するために生まれたものですので、大きなデメリットはありませんが、あえて挙げるとすれば以下のようなことが考えられます。

  • 会計処理が変更になる
    でんさいを途中から導入すると、会計処理が変更になるため、一時的に計算がややこしくなる可能性があります。これまでの受取手形や支払手形といった勘定科目が電子記録債権、電子記録債務に変更になるため、慣れるまで時間が必要です。
  • 取引先の協力が必要
    でんさいを利用するには、インターネットの環境を整備して、金融機関(でんさいが利用できる主な金融機関はコチラ)にでんさいの利用申込をする必要がありますが、自社だけが申込みを完了しても使えません。取引先に対してもでんさい利用を促し、協力してもらう必要があります。
  • ハッキング被害にあう可能性がある
    でんさいは電子記録としてインターネットを通して管理されるため、ハッキングによる攻撃を受ける可能性がゼロとは言えません。ネットバンキングでは、フィッシングによる不正送金が問題化していますが、同様のことが起きるリスクがあります。
  • 普及率が100%ではない
    でんさいは新しい決済手段のため、まだ手形のように一般的とは言えない状況です。今後、国や地方公共団体が参加するようになれば、利用拡大が見込まれますが、普及率100%になるまでには時間が必要です。

資金化なら!評判の高いでんさい割引業者リスト

  • 日証

    でんさい割引業者・日証の公式ページキャプチャ

    割引率:3.0%~13.5%
    拠点:東京・大阪・名古屋
    特徴:主要都市に展開する、実績豊富な手形割引業者

  • 栄光商事

    栄光商事(でんさい割引業者)の公式ページキャプチャャ

    割引率:4.0%~15.0%
    拠点:神奈川
    特徴:昭和49年創業の、対応力に定評のある手形割引業者

  • 東信商事

    でんさい割引業者・東信商事の公式ページキャプチャ

    割引率:6.0%~15.0%
    拠点:東京
    特徴:銀行から転身した、信頼性の高い手形割引業者

急ぎの現金化なら! 頼れるでんさい 割引業者3選

ページトップ